元プライベートバンカーが教える富裕層向け資産運用のアドバイスポイント

はじめに

富裕層向けの資産運用において、信頼できる専門家からアドバイスを受けることは非常に重要です。本記事では、実際にプライベートバンカーとして活躍していた経験を持つ方に伺った、富裕層向けの資産運用のポイントを解説します。

富裕層の資産運用に取り入れたい具体的な資産や行動計画についても紹介しているので、ぜひ今後の資産形成のヒントにしてください。

信頼できる専門家にアドバイスを受ける重要性

前述の通り、富裕層の資産運用では信頼できる専門家にアドバイスを受けることが重要です。以下の2点から、その重要性をより詳しく見ていきましょう。

・富裕層の資産運用にはより高度な専門知識が求められる
・富裕層向けの資産運用でプライベートバンカーが果たす役割
・富裕層の資産運用にはより高度な専門知識が求められる

富裕層の資産運用には、より高度な専門知識が求められます。潤沢な資産を保有している富裕層は、その資産を適切に保管するだけでなく、市場の動きを正確に捉えて資産を守り育てることが求められるからです。

金融市場の変動や投資リスクなどの要素を考慮した運用がなされなければ、市場の下落によって大きな損失を被ることにもなりかねません。そこでプライベートバンカーなど、資産運用に関する確かな専門知識と豊富な経験を持つアドバイザーからアドバイスを受けることが重要になります。

富裕層向け資産運用でプライベートバンカーが果たす役割

プライベートバンカーの役割は、富裕層の資産運用を効果的にサポートすることです。顧客の運用目的やリスク許容度、将来のライフプランに基づいて資産運用戦略を立てていきます。また、市場動向や投資商品の情報収集も行い、最適な投資先を提案するのも重要な任務です。

富裕層は資産規模が大きいため、一般の個人投資家に適用される従来の投資手法だけではリターンの最大化が困難になります。そこで取り入れたいのが、プライベートバンカーの豊富な知識や経験に基づく投資手法です。多様な資産クラスの選択やデリバティブ商品の活用、オルタナティブ投資の提案など、プライベートバンカーは富裕層に最適なポートフォリオ構築のための、多岐にわたる手法を持っています。

リスクを最小限に抑えつつ、リターンを最大化する資産運用戦略を構築できるのです。

プライベートバンカーが考える富裕層向け資産運用における3つのポイント

ここでは、プライベートバンカーが考える、富裕層が資産運用で押さえておきたい3つのポイントを紹介していきます。

・リスク許容度を把握して長期的な運用をおこなう
・ポートフォリオを組んで分散投資する
・オルタナティブ投資を活用する
・リスク許容度を把握して長期的な運用をおこなう

富裕層は相対的に高いリスク耐性を持つ傾向がありますが、資産を守るためには適切なリスク管理が必要です。自分がどの程度の値動きに耐えられるか把握することで、心理的に無理のない投資戦略を立てられるようになります。

一喜一憂する必要のない運用であれば、運用自体を継続しやすくもなります。結果的として、中長期にわたって利益を生み出すことにもつながるでしょう。

ポートフォリオを組んで分散投資する

ポートフォリオの作成は、リスク管理の一環として非常に有効な手法です。幅広い資産クラスに分散投資することでリスク分散になります。

具体的には、株式、債券、不動産、商品などの異なる資産クラスに投資することがポイントです。これにより、1つの資産クラスの値動きに左右されず、リターンが安定します。

また、資産クラスの分散だけでなく、投資する通貨や地域の分散もポートフォリオの多様化につながります。例えば日本円と米ドルを併せ持ったり、先進国や新興国に分散して投資したりすることです。潤沢な資産を活かして、不動産投資を選択肢に入れる富裕層も少なくありません。

ただし、無闇に資産を分散すれば良いというものでもありません。ポートフォリオに含める資産を選定する際には、専門家の力を借りて十分なリサーチと情報収集をおこなうことが重要です。

オルタナティブ投資を活用する

富裕層の多くはオルタナティブ投資も活用しています。オルタナティブ投資とは、株式や債券などの伝統的な資産ではない、新しい手法の投資のことです。

オルタナティブ投資には、市場の上昇局面でも下落局面でも利益を出すことを目的にしているヘッジファンドや、証券取引所に上場されないプライベートエクイティ(未公開株)などがあります。

このような資産を取り入れることで、積極的にリターンを狙いながらも、下落局面に備えたリスクヘッジも叶うポートフォリオになるでしょう。

成功しやすい投資商品の特徴と富裕層へのオススメ商品

ここでは、富裕層の資産運用に向いている投資商品の特徴について解説していきます。富裕層の資産運用で成功しやすい投資商品の特徴は、以下の3つです。

・長期的な成長が期待できる
・1つの商品でリスク分散できる
・資産を守る役割が期待できる

それぞれ確認していきましょう。

長期的な成長が期待できる

資産を持続的に増やすためには、成長が見込まれる投資商品を選ぶことが重要です。例えば、新興国の経済成長に伴って価値が上昇する可能性のある株式や、成熟した市場でも安定した成長が見込まれる債券などがあります。

ただし、どんなに収益性の高い商品でも、市場の状況の変化によっては見直しが必要なこともあります。アドバイザーとともに定期的に状況を確認し、必要に応じて資産配分の見直しや商品の入れ替えが必要なことは覚えておいてください。

1つの商品でリスク分散できる

その商品単体でリスク分散できる商品も、富裕層の選択肢の1つになります。資産を適切に分散させることで、リスクを最小限に抑えられるのはすでに述べた通りです。

投資信託やETF(上場投資信託)など、複数の銘柄や資産クラスに分散投資を行う商品を検討してみましょう。

資産を守る役割が期待できる

長期的に資産運用を継続していくには、安定収益が得られる商品もポートフォリオに組み込みましょう。資産クラスとしては、債券や不動産などがこれに該当します。

一般的な債券は、保有している限り定期的に利子収入が発生するからです。不動産には約束された利子のようなものはありませんが、所有する不動産に一度人が入居すれば、数ヶ月は継続的に家賃収入が発生するのが一般的でしょう。

富裕層が数億円を資産運用するための行動計画

最後に、富裕層が潤沢な資産を効率良く運用するための行動計画を以下の3ステップでお伝えします。

・資産クラスに関する最低限の知識を身につける
・信頼できるプロのアドバイザーを探す
・アドバイスをもとに戦略の立案とポートフォリオの作成をする

資産クラスに関する最低限の知識を身につける

アドバイザーは資産クラスについても丁寧に基礎から説明してくれますが、各資産の名称や概要など、最低限の知識を身につけておいたほうが相談がスムーズに進むでしょう。

アドバイザーはさまざまな観点から有益なアドバイスをしてくれますが、実際に投資することを決断するのは顧客本人だからです。

数億円以上の資産を運用する場合、より多様化した資産クラスを組み合わせることが重要です。株式や債券だけでなく、不動産やオルタナティブ投資なども、ある程度情報収集をしておくと良いかもしれません。

プロフェッショナルな資産運用アドバイザーの選択

長期間にわたって信頼関係を構築できる、信頼できる資産運用アドバイザーを選びましょう。確かな専門知識を持つアドバイザーは個人で活動しているか、以下のような企業に在籍しているケースが多いでしょう。

・証券会社
・IFA法人
・プライベートバンク

専門家のアドバイスをもとにしたポートフォリオ作成

アドバイザーへの相談を活用することで、より密接な情報や投資戦略を考えることができます。アドバイザーは富裕層向けにカスタマイズされたサービスを提供し、資産運用に関する専門知識やトレンド情報を提供してくれます。

自身の資産運用に最適な情報を得ながら投資目的やライフスタイルに適したポートフォリオが作成できるでしょう。

まとめ

本記事では、信頼できる専門家にアドバイスを受ける重要性と、富裕層向けの具体的な投資戦略のポイントについてお伝えしました。富裕層の資産運用では、アドバイザー選びが運用の成否を分けるといっても過言ではありません。

ウェルスパートナーには、これまで多くの富裕層の資産運用をサポートしてきた実績あるアドバイザーが在籍しています。無料でご相談を承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

<ご注意事項>
・当社の所属金融商品取引業者等は株式会社SBI証券、東海東京証券株式会社、エアーズシー証券株式会社です。
・当社は所属金融商品取引業者等の代理権は有しません。
・当社はいかなる名目によるかを問わず、その行う金融商品仲介業に関して、お客様から金銭および有価証券のお預かりを行いません。
・各商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法等に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。
[金融商品仲介業者]
商号等:株式会社ウエルス・パートナー  登録番号:関東財務局長(金仲)第810号
[所属金融商品取引業者]
商号等:株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者 
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会、日本商品先物取引協会
商号等:東海東京証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第140号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融 商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人日本STO協会
商号等:エアーズシー証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第33号
加入協会:日本証券業協会

関連記事

証券担保ローンの「デメリット」をぶっちゃけで話します 証券担保ローンの「デメリット」をぶっちゃけで話します 【資産5億円以上の超富裕層向け】IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)が解説する資産運用戦略の実践方法 【資産5億円以上の超富裕層向け】IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)が解説する資産運用戦略の実践方法 大手プライベートバンクと日本の独立系プライベートバンクどちらがいいのか? 大手プライベートバンクと日本の独立系プライベートバンクどちらがいいのか? 資産2億円を活かすための資産運用手法とは? 資産2億円を活かすための資産運用手法とは?
ご相談はこちらから
第一希望日*
ご希望のお時間*
第二希望日*
ご希望のお時間*
面談場所
お名前*
お名前カナ*
電話番号*
メールアドレス*
大まかな保有資産額を教えてください。*
ご年収を教えてください
ご相談を希望するアドバイザー
当社を知ったきっかけ*
ご相談内容
利用規約*
個人情報のお取り扱いについて
下記でご入力いただく内容は、当社からの連絡や情報提供などに利用するためのもので、それ以外の目的では使用いたしません。
また、その情報は、当社以外の第三者が利用することはございません。(法令などにより開示を求められた場合を除きます)
詳しくは、個人情報規約をご覧ください。
https://wealth-partner-re.com/policy/