富裕層向けの資産運用と節税でIFAに相談するメリットとは?


富裕層は所得税や相続税などの負担が大きく、節税対策に力を入れています。この記事では、富裕層の資産運用と節税の方法について解説します。

IFAとは

IFA(Independent Financial Advisor 資産運用アドバイザー)とは、特定の金融機関に属さずに投資家に対して資産運用のアドバイスを行うとともに、金融商品の購入・売却の仲介を行う専門家です。投資家のニーズに合わせてポートフォリオを組むことができます。

IFAはコミッション・ビジネスです。クライアントが金融商品を売買した際に、証券会社から手数料の一部を受け取ります。ただ、IFAは証券会社の営業マンではないので、販売ノルマはありません。また、自社の金融商品だけを販売する必要もないため、顧客にとって最適なポートフォリオを組めます。

IFAは、証券会社から貸与されたシステムを使って資産運用の提案や商品の売買を仲介しますが、口座管理や金銭・有価証券などの授受は顧客と金融機関の間で行われます。

IFAに相談することで、資産運用のリスクを軽減し、より効率的な資産運用を行うことができるため、資産運用のサポートを必要とする方にとって、IFAは頼れる存在です。


株式会社ウェルス・パートナー作成

IFAが教える富裕層の資産運用と節税の関係性

富裕層は、所得税や住民税、相続税などの税金の負担が大きく、節税対策に力を入れています。そのため、節税には税理士のアドバイスを受けることが重要です。税理士は、富裕層の資産状況やリスク許容度を十分に考慮した上で、最適な節税方法を提案できます。

節税を狙った富裕層の資産運用とその具体的な方法

富裕層の節税とは、高額な所得税や固定資産税を軽減するための方法です。富裕層の節税にはさまざまな方法がありますが、代表的なものは次の2つです。

1.不動産を利用した減価償却による節税
2.法人化して債券や株式などの資産を運用することによる節税

不動産を使った減価償却による節税とは、不動産を購入した際に、建物部分の費用を所定の期間で費用化(損金化)することです。そのため、所得を減らして所得税を安くできます。また、不動産を売却した際に発生する譲渡税は、所得税よりも低い税率で計算されるため、節税につながります。

債券や株式などの資産運用のための法人化による節税は、富裕層が税金対策として設立した「資産管理会社」の活用です。個人が保有する資産を法人に移すことで、所得税や相続税を節税できます。富裕層にとっては、個人の所得税よりも法人税の方が税率が低く、法人間の贈与は贈与税の対象外です。ただし、法人設立には手続きや費用がかかるので注意が必要です。

富裕層は、これらの節税方法を組み合わせることで、所得税や固定資産税を節約できます。ただし、節税のためには、税理士のアドバイスを受けることが重要です。

富裕層が資産運用を行うための注意点

富裕層は、資産を複数の金融商品などに分散して保有することで、リスクを分散します。これが投資の世界における「分散投資」の概念です。分散投資とは、投資する国や商品を分散させたり、投資のタイミングを分けることで、価格変動リスクを抑えながら安定したリターンを得る方法です。

投資の世界には「卵を一つのカゴに盛るな」という言葉があります。卵が一度に割れないようにいくつかのカゴに分けるように、資産運用においても、1つの投資商品にすべての資金を集中させるのではなく、万が一その投資がうまくいかなかった場合に備えて、値動きの異なる複数の投資商品に分けることが必要です。そうすることで、リスクを抑えながら安定したリターンを狙うことができます。

例えば、株式投資を行う場合、国内株式だけに投資するのではなく、国内株式と外国株式に分散して投資することが必要です。また、国内株式だけに投資する場合でも、成長株だけに投資するのではなく、成長株と配当株に分散して投資する。そうすることで、株式市場全体の下落の影響を和らげることができます。

分散投資は、資産運用におけるリスク低減の有効な手段です。資産運用をする際には、分散投資の考え方で、保有資産を分散させましょう。

富裕層向けに資産運用のアドバイスを行っているIFA

IFA(Independent Financial Advisor 資産運用アドバイザー)とは、証券会社から独立した立場で資産運用のアドバイスを行う、金融商品の専門家です。弊社ウェルス・パートナーはIFAとして5年以上の実績があり、数多く存在するIFAの中でも富裕層向けの資産運用に特化しています。

世の中に存在するあらゆる資産配分の最適化、あらゆる投資対象へのアドバイスを行うため、ファイナンシャルアドバイザー、税理士、不動産会社出身者、IFAとしての幅広い知識と経験を持つ様々な専門家を抱えています。

まとめ

富裕層は、高額な所得税や資産税を軽減するための方法として、不動産を利用した減価償却や債券や株式などの資産管理のための法人化などを活用しています。これらの節税方法を組み合わせることで、富裕層は所得税や資産税を節税することができます。しかし、節税には税理士のアドバイスを受けることが重要です。また、資産運用はIFAに相談するようにしましょう。ウェルス・パートナーでは、すべての資産の最適な配分と、あらゆる種類の投資に関するアドバイスを提供するために、知識と経験の豊富なIFA、税理士、不動産業者など、さまざまな専門家が在籍しています。

<ご注意事項>
・当社の所属金融商品取引業者等は株式会社SBI証券、エアーズシー証券株式会社です。
・当社は所属金融商品取引業者等の代理権は有しません。
・当社はいかなる名目によるかを問わず、その行う金融商品仲介業に関して、お客様から金銭および有価証券のお預かりを行いません。
・各商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法等に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。
[金融商品仲介業者]
商号等:株式会社ウエルス・パートナー  登録番号:関東財務局長(金仲)第810号
[所属金融商品取引業者]
商号等:株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者 
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会、日本商品先物取引協会
商号等:エアーズシー証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第33号
加入協会:日本証券業協会

関連記事

IFA(資産運用アドバイザー)は3つのタイプに分かれる!信頼できるIFAの見つけ方 IFA(資産運用アドバイザー)は3つのタイプに分かれる!信頼できるIFAの見つけ方 IFA(資産運用アドバイザー)に相談した場合の手数料はいくらなのか? IFA(資産運用アドバイザー)に相談した場合の手数料はいくらなのか? 信頼できるIFAに相談するには?IFA選びで失敗しないポイント 信頼できるIFAに相談するには?IFA選びで失敗しないポイント IFA(資産運用アドバイザー)の基本を徹底解説!大手金融機関との違いとは? IFA(資産運用アドバイザー)の基本を徹底解説!大手金融機関との違いとは?
ご相談はこちらから
お名前(姓・名)*
お名前カナ(セイ・メイ)
メールアドレス*
電話番号*
第一希望日*
ご希望のお時間*
第二希望日*
ご希望のお時間*
面談場所
ご相談を希望するアドバイザー
大まかな保有資産額を教えてください。*
ご年収を教えてください
当社を知ったきっかけ*
ご相談内容
利用規約*
上記でご入力いただいた内容は、当社からの連絡や情報提供などに利用するためのもので、それ以外の目的では使用いたしません。
また、その情報は、当社以外の第三者が利用することはございません。(法令などにより開示を求められた場合を除きます)
詳しくは、個人情報規約をご覧ください。
https://wealth-partner-re.com/policy/