リーマンショックのような経済危機時にも高パフォーマンスを上げるヘッジファンドの実態 | 株式会社ウェルス・パートナー
  • HOME »
  • WEALTHJOURNAL »
  • 資産運用 »
  • リーマンショックのような経済危機時にも高パフォーマンスを上げるヘッジファンドの実態

リーマンショックのような経済危機時にも高パフォーマンスを上げるヘッジファンドの実態

2018/12/11

資産運用

はじめに

世界中の個人富裕層の人たちは、資産運用の手段としてヘッジファンド(投資ファンド)を選択する傾向があります。これは、単にヘッジファンドの魅力が最高クラスのステータスである以外にも実績があり高い運用パフォーマンスを期待できることにある点をご存知でしょうか?

より多くの個人富裕層が資産を預けるヘッジファンドとはいったい何か?また、似ているようで分別される投資信託との違いや多くの個人富裕層がヘッジファンドを選ぶ理由をご説明します。

1.ヘッジファンドとは?

ヘッジファンドは投資家から集めた資金で投資を行いあらゆる取引手法を用いて、市場が下がっても上がっても利益を出すことを目的としたファンドのことです。

ヘッジとは直訳して「避ける」こと、相場が急落したときの資産の減りを回避するという意味で用いられています。具体的な例として株式など下落する可能性のある金融資産を保有する場合には、インデックスや先物を売って損失のリスクを可能な限り軽減することです。

一般的に普通の投資信託が公募投信で広く募集されるのに対して、ヘッジファンドでは私募投信といって限られた人のみが出資して運用するファンドがほとんどです。最近では、ヘッジファンド自体を投資対象とした「ファンド・オブ・ファンド」といった種類のファンドが存在します。

2.ヘッジファンドと投資信託の違い

ヘッジファンドと投資信託は仕組みが似ていることからよく混同されてしまいますが、一番の違いは運用成果の目標設定やファンドマネージャーの運用方法の違いが挙げられます。

まず、絶対的な収益を追及するヘッジファンドでは全ての判断はファンドマネージャーに委ねられている為、先物などで値下がりを回避したり株式の保有比率を下げたりポートフォリオ(投資家が所有する各種の金融資産の資産構成)の中のファンドの組み合わせを変えたりしているので、投資家自身が相場の先行きを心配する必要がありません。

一方、投資信託では株式に投資ファンドを保有している場合は投資家自身がそのファンドを売却しなければならず、相場の変動を受けやすいという特徴があります。

また、投資信託は小口資金で買うことができ、投資対象の保有比率の管理は投資家自身になりますがヘッジファンドではポジションの管理も中長期的のスパンで運用を任せられるという利点があります。

3.富裕層がヘッジファンドを選ぶ理由

一般的にヘッジファンドはより高いパフォーマンスによって評価されています。平均でも15~20%程度と言われており、投資家自身が金融商品に深い知識がなくても出資さえすればあとはファンドマネージャーが運用して投資家の資産を増やしてくれるのがヘッジファンドです。

また、ヘッジファンドの報酬は毎月決まった報酬を渡すのではなく成果に応じて報酬が支払われるのが中心です。ヘッジファンド側も報酬を得るために、たとえリーマン・ショックのような金融危機でも成果を出す必要があります。

このように優れた運用を模索し健全な競争が行われることで更に研鑽され、純粋に利益追求する姿勢が個人富裕層にとってはもっとも信頼できる投資先になり、支持される理由なのではないでしょうか。

また、絶えず最新の情報を集めこれまで勝ちにこだわってきたファンドだからこそ、また新たな「勝ち=価値」を生み、投資家とパートナーシップを深めることにつながり好循環を生み出す要因となっています。

まとめ

このように世界中の個人富裕層の人たちから支持されるヘッジファンドは、投資信託と運用目的や手法が異なりより投資家の目線に近い視点で高い運用パフォーマンスを行っています。

より優れた個人富裕層は、より優れた運用者とパートナーになることで勝ちが新たな勝ちを呼ぶ好循環の環境を作り出している現状があります。

常に市場の動向や相場の状況を把握できない方は、運用パフォーマンスの高いヘッジファンド運用者を探す「時間と手間」こそが最善の投資、であると言えそうです。


PAGETOP
Copyright © Wealth Partner Co,. Ltd. All Rights Reserved.