相続資産の適切な管理と運用方法とは?

はじめに

相続によって資産を承継した場合、相続資産の適切な管理と運用方法は、とても重要な課題となります。相続資産の価値を最大限に生かし、将来の安定した収益確保や次世代への資産承継を行うためには、慎重な計画と的確な判断が必要です。本記事では、相続資産の適切な管理と運用方法について詳しく解説し、リスクを最小限に抑えながら資産を有効活用するためのポイントを解説します。相続後に直面する諸問題や税金の対策にも触れながら、相続資産を守り育てるための具体的な手法を紹介していきます。

相続資産を適切に運用すべき理由とは?

相続資産を適切に運用すべき理由は人それぞれですが、最も大きいのは長期的なインフレ懸念です。

インフレ率を上回る運用を行わないと、実質的に資産が目減りしていくことになります。

仮に年間2%ずつ物価が上昇した場合、10年間では20%、20年間では40%の物価上昇となります。

長期的にみて、インフレによる実質的な資産価値の減少は相当なものとなるでしょう。

相続資産の評価と目標設定

相続資産の評価と重要な要素を理解することが、適切な管理と運用の出発点となります。まずは、不動産や金融資産などの相続財産の評価を行いましょう。

また、相続財産をどのように運用していくかを決め、運用目標を設定することも重要です。

ここでは、3億円の資産を相続したとして、予想利回りごとの運用シミュレーションをおこなってみましょう。

仮に、安定性を重視した3%の目標で運用を行なった場合でも、30年で資産が2倍以上、債券運用を想定した5%の目標では資産が4倍以上に成長しています。

この結果から、適切な目標設定と長期運用の重要性が分かるのではないでしょうか。

運用方法の選択とリスク管理

相続資産を適切に運用するためには、運用方法の選択とリスク管理が重要です。金融資産の場合、おもな運用方法として株式や債券などの選択肢があります。それぞれの運用方法には一長一短がありますので、自身のリスク許容度や利回りの目標に合わせて検討しましょう。

株式運用は、キャピタルゲインを得られるうえ、インフレに強いという特徴を持ちますが、価格変動が大きいというデメリットがあります。

一方、債券はインカムゲインで安定収入が得られるうえ、価格変動が小さく安定した運用が可能ですが、インフレに弱いというデメリットがあります。

リスクを管理しながら最大限の収益を得るのであれば、これらの資産や不動産などを組み合わせ、適切な資産配分で運用を行うことが重要です。

相続後の税金対策

相続資産の適切な管理と運用には、相続税対策も欠かせません。まずは、税理士に相談し、適切な相続税の申告手続きを行いましょう。

また、将来的な資産承継を考慮して相続税の軽減や節税策を活用することも重要です。適切な税金対策を行うことで、財産を守りながら将来への遺産を残すことができます。

相続税対策としては、不動産を活用する方法や資産管理会社を活用するなど、さまざまな方法があります。

ウェルス・パートナーでは、これらの方法を活用した相続対策も承っておりますので、ぜひ気軽にご相談ください。

専門家のアドバイスと信託の活用

相続資産の適切な管理と運用には、IFA(資産運用アドバイザー)など、専門家のアドバイスを受けることもおすすめです。IFAに相談する最大のメリットは、資産運用から相続対策までワンストップでサービスが受けられることです。

また、相続争いを避けるためには、遺言信託を活用することが効果的です。

遺言信託とは、資産内容の把握から遺言作成、遺言書の管理、遺言の執行まで専門家に依頼する制度のことです。

相続手続きは複雑で専門的知識を要します。将来的な相続争いを回避し、円滑な相続を実現するため、いまのうちに遺言信託の活用を検討されてはいかがでしょうか。

相続資産の適切な管理と運用は、将来の安定した収益の確保や次世代への資産継承のために重要です。適切な資産評価や目標設定、運用方法の選択、リスク管理、相続税対策、専門家のアドバイスの活用など、慎重な計画と的確な判断を行いましょう。相続資産を有効活用することで、ゆとりある老後生活や次世代への遺産として活かすことが可能になります。

<ご注意事項>
・当社の所属金融商品取引業者等は株式会社SBI証券、東海東京証券株式会社、エアーズシー証券株式会社です。
・当社は所属金融商品取引業者等の代理権は有しません。
・当社はいかなる名目によるかを問わず、その行う金融商品仲介業に関して、お客様から金銭および有価証券のお預かりを行いません。
・各商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法等に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。
[金融商品仲介業者]
商号等:株式会社ウエルス・パートナー  登録番号:関東財務局長(金仲)第810号
[所属金融商品取引業者]
商号等:株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者 
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会、日本商品先物取引協会
商号等:東海東京証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第140号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融 商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人日本STO協会
商号等:エアーズシー証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第33号
加入協会:日本証券業協会

関連記事

富裕層向け!資産5億円超の相続による資産運用戦略とは? 富裕層向け!資産5億円超の相続による資産運用戦略とは? 相続富裕層が資産運用に失敗しないコツとは? 相続富裕層が資産運用に失敗しないコツとは? 資産3億円以上の相続に向けた戦略的な資産運用のポイントとは? 資産3億円以上の相続に向けた戦略的な資産運用のポイントとは? 突然の相続で1億円以上を手にした場合、どう資産運用するべきか? 突然の相続で1億円以上を手にした場合、どう資産運用するべきか?
ご相談はこちらから
第一希望日*
ご希望のお時間*
第二希望日*
ご希望のお時間*
面談場所
お名前*
お名前カナ*
電話番号*
メールアドレス*
大まかな保有資産額を教えてください。*
ご年収を教えてください
ご相談を希望するアドバイザー
当社を知ったきっかけ*
ご相談内容
利用規約*
個人情報のお取り扱いについて
下記でご入力いただく内容は、当社からの連絡や情報提供などに利用するためのもので、それ以外の目的では使用いたしません。
また、その情報は、当社以外の第三者が利用することはございません。(法令などにより開示を求められた場合を除きます)
詳しくは、個人情報規約をご覧ください。
https://wealth-partner-re.com/policy/