債券の償還ってなに?債券についてわかりやすく解説します

債券とは

債券とは、国や地方公共団体、企業などが一般の投資家から借り入れを行う目的で発行される有価証券です。 債券を購入することで、投資家は債券を発行した国や企業にお金を貸し付けることになるのです。

債券には、国が発行する「国債」、地方自治体が発行する「地方債」、事業会社(民間企業)が発行する「社債(事業債)」などがあり、日々多くの事業に使われています。債券は、一般的に株式や投資信託などに比べて安全性の高い投資商品といわれています。満期まで待てばお金が戻ってくるほか、利子も得られるからです。

償還とは

債券の償還とは、債券の発行者が投資家に額面金額を返還することです。債券は、満期日に債券の保有者に額面金額が払い戻されます。この満期日のことを「償還日」、払い戻すことを「償還」といいます。

債券の額面金額とは、債券の券面に表示される金額で、満期時に償還される金額のことです。 一般的には債券の最低申込単位を意味し、債券によって異なります。ただし、債券は必ずしも額面金額で発行されるわけではなく、新規に発行する際の価格を「発行価格」といい、額面金額100円当たりで表示されます。

債券には、「満期償還」と「途中償還」があり、満期償還はあらかじめ定められた償還日に額面金額を返還することで、途中償還は、満期償還日前に償還することを意味します。

債券の早期償還条項

債券の早期償還条項とは、債券等を発行する際の発行条件の1つで、満期償還日前の特定の日に繰上償還する場合があることを表す条項のことを指します。早期償還条項付債券とは、早期償還の条項が付いた債券のことです。期限前償還や繰上償還ともいいます。

早期償還条項には、発行体の任意によって全部または一部が償還されるものや、あらかじめ条件を定めてその条件を満たした場合に償還されるものがあります。

債券の繰上償還

債券の繰上償還とは、債券の償還期限が到来する前に、債券の元本の一部または全部を償還することを指します。繰上償還は、通常は債券の発行会社が行いますが、投資信託や公益社団法人などからの融資(貸付)の残債を期日前に一部または全部支払う(返済する)場合にも使われることがあります。

繰上償還は、一般的には金利低下にともない低利率の新債券に借り換えるためのものですが、発行会社の清算や合併などによっても行われることがあります。

債券の繰上償還が行われる理由

債券の繰上償還とは、期限前に債券を償還することです。通常、繰上償還は発行会社の清算、合併などによって行われます。たとえば、社債の繰上償還は、社債発行会社の清算や合併などによって行われることが通常です。また、繰上償還は、金利低下にともない低利率の新債券に借り換える場合にも行われます。

まとめ

債券は、国や地方公共団体、企業などが投資家から資金を調達するために発行する有価証券です。そして、償還とは債券の発行体が、債券を発行した時に約束した元本を投資家に返済することをいいます。

債券の償還は、一般的には満期(償還期間の終了日)に行われますが、早期償還条項が付いた債券を「早期償還条項付債券」といい、発行体の任意によって全部または一部が償還されることもあります。また、繰上償還とは、償還期日が到来する前に償還することです。

償還の条件にはいくつか種類があるので、債券を購入するときは償還条項を確認するようにしましょう。