【富裕層向けの相談先】IFA(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)とプライベートバンクの違いとは?

はじめに

富裕層が資産を効果的に運用するためには、信頼できるアドバイザーの存在が欠かせません。そこで注目されているのが、IFA(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)です。IFAは特定の金融商品や金融機関に偏らず、富裕層の個別の資産状況や目標に合わせた客観的なアドバイスを提供できます。

ただ、富裕層の相談先の選択肢としては、他にプライベートバンクというものもあります。プライベートバンクとはスイス発祥の富裕層向けの金融機関で、欧米では広く知られている富裕層向けの資産運用の相談先です。

本記事では、それぞれの特徴や違いについて解説していきます。ぜひ相談先選びの参考にしてください。

IFA(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)とは?

IFAは、内閣総理大臣によって金融商品仲介業者として登録された資産運用の専門家です。特定の金融機関に所属せず独立して活動しているため、提携する金融機関の幅広い金融商品やサービスを提供できます。また、会社の方針や販売ノルマに縛られることもないため、中立的な提案ができるのも魅力です。

じっくりと面談を行うなかで個別のニーズや目標に合わせた資産運用のアドバイスを提供するため、従来の金融機関では受けられない、よりパーソナライズされたサービスを受けることができます。

プライベートバンクとは?

前述の通りスイス発祥の金融機関であるプライベートバンクは、富裕層をメインターゲットに据えた銀行形態の組織です。運用で資産の増大を狙うだけでなく、事業承継や税務面でのサポートも行います。

また、教育やエンターテイメントに関する提案もするなど、金融機関の枠には止まらないサービスを展開しています。まさに富裕層だけが利用できる、特別なサービスを提供できる相談先です。

IFAとプライベートバンクの違い

両者はともに資産運用の相談先ですが、使用する際にはその違いを理解しておくことが大切です。ここでは、IFAとプライベートバンクの違いを以下の3点から比較してみましょう。

・独立性と中立性
・顧客へのアプローチ
・料金体系
・独立性と中立性

特定の金融機関や商品に縛られないIFAは、幅広い商品ラインナップから、顧客の属性や投資目的に合った商品を提案できます。会社の方針に従ったり推奨される商品を販売する必要もないため、顧客に合った選択肢を探し、最適な資産運用戦略を立てられます。

一方、企業の形態を取るプライベートバンクは、自社の金融商品やサービスを推進することが一般的です。どれ程良い商品でも他社のものを提案するわけにはいかないため、、中立性が制約される場合があります。そのため、アドバイザーの提案が必ずしも顧客にとって最適なものでない場合もあるかもしれません。

顧客へのアプローチ

IFAもプライベートバンクも、顧客それぞれにカスタマイズされたアプローチを提供します。個別の経済状況、資産運用の目標や目的、リスク許容度に基づいて金融プランを作成してくれるはずです。

特に欧州のプライベートバンクでは蓄積されたノウハウをもとに、事業承継や子ども世代の教育など、より長期的な視点から富裕層の資産を守り育ててきました。近年では日本で利用できるIFAのなかにも、事業や税務などの総合的な観点から相談できるアドバイザーが少しずつ増えてきているようです。

料金体系

一般にIFAは、金融商品を販売する際の手数料から報酬を得ています。ただし、なかには相談の段階から料金を設定しているアドバイザーもいるため、料金体系については必ず事前に確認するようにしましょう。

一方プライベートバンクでは、顧客の預かり資産残高に対して1%〜2%程度の手数料を設定しているところが一般的です。何度金融商品を売買しても手数料負担が変わらない点はメリットですが、ただ資産を預けているだけでも手数料が発生してしまうことには注意が必要です。

まとめ

IFAもプライベートバンクも、顧客それぞれに適した提案を行う相談先であることは共通しています。ただし、独立して活動するIFAと銀行形態の企業であるプライベートバンクでは、いくつか異なる点もあります。

プライベートバンクはそのノウハウから事業承継や子ども世代の教育についても相談できるものの、紹介できる金融商品は自社で取り扱うものに限られます。一方IFAは、提携している金融機関の商品であれば、幅広いラインナップから提案できるのが強みです。

富裕層の方が効果的な資産運用を行うためには、IFAを活用することが重要です。独立性や専門知識を変え備えたIFAは、富裕層にとって頼りになるパートナーとなり得ます。

ウェルス・パートナーの経験豊富なIFAは、資産運用だけでなく、事業面・税務面からの総合的なアドバイスも可能です。無料で相談を承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

<ご注意事項>
・当社の所属金融商品取引業者等は株式会社SBI証券、東海東京証券株式会社、エアーズシー証券株式会社です。
・当社は所属金融商品取引業者等の代理権は有しません。
・当社はいかなる名目によるかを問わず、その行う金融商品仲介業に関して、お客様から金銭および有価証券のお預かりを行いません。
・各商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法等に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。
[金融商品仲介業者]
商号等:株式会社ウエルス・パートナー  登録番号:関東財務局長(金仲)第810号
[所属金融商品取引業者]
商号等:株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者 
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会、日本商品先物取引協会
商号等:東海東京証券株式会社金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第140号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融 商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人日本STO協会
商号等:エアーズシー証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第33号
加入協会:日本証券業協会

関連記事

IFA(資産運用アドバイザー)は3つのタイプに分かれる!信頼できるIFAの見つけ方 IFA(資産運用アドバイザー)は3つのタイプに分かれる!信頼できるIFAの見つけ方 IFA(資産運用アドバイザー)に相談した場合の手数料はいくらなのか? IFA(資産運用アドバイザー)に相談した場合の手数料はいくらなのか? 信頼できるIFAに相談するには?IFA選びで失敗しないポイント 信頼できるIFAに相談するには?IFA選びで失敗しないポイント IFA(資産運用アドバイザー)の基本を徹底解説!大手金融機関との違いとは? IFA(資産運用アドバイザー)の基本を徹底解説!大手金融機関との違いとは?
ご相談はこちらから
お名前(姓・名)*
お名前カナ(セイ・メイ)
メールアドレス*
電話番号*
第一希望日*
ご希望のお時間*
第二希望日*
ご希望のお時間*
面談場所
ご相談を希望するアドバイザー
大まかな保有資産額を教えてください。*
ご年収を教えてください
当社を知ったきっかけ*
ご相談内容
利用規約*
上記でご入力いただいた内容は、当社からの連絡や情報提供などに利用するためのもので、それ以外の目的では使用いたしません。
また、その情報は、当社以外の第三者が利用することはございません。(法令などにより開示を求められた場合を除きます)
詳しくは、個人情報規約をご覧ください。
https://wealth-partner-re.com/policy/