【富裕層の資産運用】IFAはどのような金融商品をすすめているのか?IFAを選ぶメリットも解説

IFA(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)は中立の立場で、長期にわたって顧客をサポートできるというメリットがあります。この記事では、IFAが富裕層にどのような金融商品をすすめているのか、IFAを選ぶとどのようなメリットがあるのかについて解説します。

IFAとは

IFAとは、Independent Financial Advisor(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)の略で、証券会社などの金融機関に属さず、独立した立場で顧客に対して投資アドバイスや金融商品の説明などの資産運用サポートを行う職業です。

証券業界でIFAが普及したのは、2004年4月に施行された「証券仲介業制度」がきっかけです。また、欧米では税理士などと並ぶ地位を確立しています。

IFAには次の3つのメリットがあります。

1.金融機関に属さないため、幅広い金融商品の中から最適な商品を提案できる。
2.独立した立場なので、特定の金融機関の利益に偏らないアドバイスができる。
3.顧客の資産運用状況に応じて、定期的にアドバイスを受けることができる。

IFAは、資産運用に関する独立したアドバイスをします。資産運用についてお悩みの方は、IFAへの相談を検討してみてはいかがでしょうか。

ウェルス・パートナーでは無料の個別相談を行なっております。お気軽にご相談ください。
https://wealth-partner-re.com/meeting/

富裕層が選ぶIFAとは

富裕層がIFAを選ぶメリットは、主に以下の3つです。

1.顧客の利益を優先した提案ができる
IFAは特定の金融機関に属さないため、販売ノルマなどの縛りがないといわれています。そのため、顧客の利益を優先した提案ができるのです。

2.長期にわたって顧客をサポートできる
IFAは、金融機関とは異なり、特定の金融機関に所属していないため、担当者が転勤することはありません。そのため、長期にわたって顧客をサポートできます。

3.資産運用以外のトータルなライフサポートができる
IFAは、資産運用のアドバイス以外に、住宅ローンや保険などを活用したトータルなソリューションを提供します。そのため、顧客の資産運用だけでなく、相続や事業承継、子どもの教育、不動産管理などのさまざまな課題にも対応できる専門家となります。

IFAが教える富裕層向け投資商品

富裕層はどのように資産運用しているのでしょうか?富裕層はお金に対する意識が高いことが多く、自分で運用する人もいれば、忙しくて金融機関やIFAに運用を任せている人もいます。また、金融機関にはプライベートバンクと呼ばれる富裕層向けのサービスを提供する部門があり、そこでしか購入できない金融商品があるのは事実です。

ただし、それはローリスク・ハイリターンの金融商品ではなく、ある程度の資金がないと購入できないものです。例えば、流動性の低いハイブリッド証券(劣後債や優先出資証券)、オーダーメイドの仕組債、特定の少人数向けに作られた私募ファンド(ヘッジファンド)などです。

しかし、そうした金融商品で全財産を運用するのではなく、意外なことに、年率2~4%程度のリターンを確保できる、徹底的にリスクを抑えた運用が可能な金融商品で資産の多くを運用していることが多くなっています。

日本では、物価がマイナスになるデフレ状態や、物価がほとんど上がらない低インフレ状態が長年続いていたため、資産を現金預金にしておくことに危機感を覚えますが、諸外国の場合、前年比2%程度の物価上昇率を考えると、むしろ年2~4%のリターンを確保できるローリスク・ローコストの金融商品で資産運用を行います。富裕層は資産を現金のままにしておくよりも、ゆっくり着実に上昇する低リスクの金融商品に投資することを好むのです。

富裕層は資産を守るために様々な金融商品を利用します。その中でも、低いリスクで高いリターンを保証する金融商品は多くありません。富裕層は、低リスクで運用できる金融商品に投資することで資産を守ることを重視し、堅実に増やしているのです。

【富裕層向け】IFAに相談して、金融資産を最大化しよう

ウェルス・パートナーでは、保有資産が1億円以上の富裕層や年収1,000万円以上の資産形成層に資産コンサルティングサービスを行っています。

株式、債券、保険、ヘッジファンド、国内外の不動産など、あらゆる資産クラスを取り扱っており、お客様の資産状況やご希望に合わせて、最適な資産ポートフォリオを構築いたします。

当社の特徴は、独立系で強力なオーナーシップがあり、かつ全資産クラスを扱うため、長期的で最適な資産ポートフォリオの提案が可能であることです。また、全資産のアドバイスに対応するために、当社には幅広い知識と経験を有するプライベートバンカーが在籍しております。

この全資産対応可能なラインナップと経験豊富なプライベートバンカーのアドバイスが、お客様の資産を守り、増やすお手伝いをいたします。

まとめ

富裕層は積極的にリスクを取るのではなく、守りを重視した運用を行います。しかし、どのような金融商品に投資したらいいのかを判断するのは難しいので、信頼のおけるIFAに相談するようにしましょう。IFAは中立の立場で長期にわたってサポートしてくれるので、資産運用だけでなくトータルなライフサポートが期待できます。

<ご注意事項>
・当社の所属金融商品取引業者等は株式会社SBI証券、エアーズシー証券株式会社です。
・当社は所属金融商品取引業者等の代理権は有しません。
・当社はいかなる名目によるかを問わず、その行う金融商品仲介業に関して、お客様から金銭および有価証券のお預かりを行いません。
・各商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法等に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。
[金融商品仲介業者]
商号等:株式会社ウエルス・パートナー  登録番号:関東財務局長(金仲)第810号
[所属金融商品取引業者]
商号等:株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会、日本商品先物取引協会
商号等:エアーズシー証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第33号
加入協会:日本証券業協会

関連記事

IFA(資産運用アドバイザー)は3つのタイプに分かれる!信頼できるIFAの見つけ方 IFA(資産運用アドバイザー)は3つのタイプに分かれる!信頼できるIFAの見つけ方 IFA(資産運用アドバイザー)に相談した場合の手数料はいくらなのか? IFA(資産運用アドバイザー)に相談した場合の手数料はいくらなのか? 信頼できるIFAに相談するには?IFA選びで失敗しないポイント 信頼できるIFAに相談するには?IFA選びで失敗しないポイント IFA(資産運用アドバイザー)の基本を徹底解説!大手金融機関との違いとは? IFA(資産運用アドバイザー)の基本を徹底解説!大手金融機関との違いとは?
ご相談はこちらから
お名前(姓・名)*
お名前カナ(セイ・メイ)
メールアドレス*
電話番号*
第一希望日*
ご希望のお時間*
第二希望日*
ご希望のお時間*
面談場所
ご相談を希望するアドバイザー
大まかな保有資産額を教えてください。*
ご年収を教えてください
当社を知ったきっかけ*
ご相談内容
利用規約*
上記でご入力いただいた内容は、当社からの連絡や情報提供などに利用するためのもので、それ以外の目的では使用いたしません。
また、その情報は、当社以外の第三者が利用することはございません。(法令などにより開示を求められた場合を除きます)
詳しくは、個人情報規約をご覧ください。
https://wealth-partner-re.com/policy/