【2022年最新版】意外と知らないIFAと、銀行、証券会社の違い

株式や投資信託などの金融商品に投資する場合は、まずは口座を開設しなければいけません。
これから金融商品に投資をはじめたいと思っている方は、口座開設をするにあたって、証券会社と銀行の違いや口座開設をする金融機関選びに迷うのではないでしょうか。
金融機関選びで迷ったときはIFAに相談することをおすすめします。IFA・証券会社・銀行の違いを説明すると共に、なぜIFAがおすすめなのかご紹介します。

IFAとは?

IFAとは「独立系ファイナンシャルアドバイザー」のことです。金融系アドバイザーの一種になります。IFAは株式や投資信託などへの投資のアドバイスや提案、販売の仲介などを行なっています。

IFAは基本的に銀行や証券会社などの金融機関から独立している点が特徴です。
たとえば、銀行と証券会社を比較して銀行に口座開設をしたとします。口座開設先の銀行に投資信託の相談をすると、銀行の窓口ではその銀行で扱っている投資信託について営業や販売をします。自行で扱っていない金融商品はまず提案しません。これは証券会社も同じです。

IFAは独立しているアドバイザーなので、顧客に対して取り扱い金融機関に囚われず中立的な立場で金融商品の営業や販売仲介をすることが可能です。

IFAは金融機関から独立しているため、自社の取り扱い商品を営業しなければならないという縛りはありません。そのため、取り扱い商品も多いという特徴があります。

【アドバイス・サポートで比較】IFAの相談範囲は?

たとえば、銀行に相談したとします。銀行では株式の個別銘柄を扱っていません。株式の個別銘柄の取り扱い先は証券会社になります。銀行に株式について相談すると「証券会社へ問い合わせてください」と言われてしまうことでしょう。

対してIFAは投資信託についても相談できますし、証券会社で扱っている株式についても相談可能です。証券会社と銀行の選び方や口座開設先についても相談できます。

IFA選びでお困りの方へ

投資信託や株式についても相談・提案・販売の仲介が可能だからこそ相談先としてIFAはおすすめです。

IFAを選ぶときは自分に合ったIFAを選ぶことがポイントになります。そのためにも、まずは無料相談窓口でIFAに相談してみてはいかがでしょう。

IFA(資産運用アドバイザー)の相談窓口を選ぶ理由

IFAの相談窓口を選ぶことには理由があります。

・IFAがどういうものか実際に体験できる
・IFAの利用が自分に向いているか判断できる

IFAに相談するときに有料だと「自分に合っていなかったらどうしよう」「IFAへの相談がどのようなものか分からないのに、いきなり有料はハードルが高い」と思うのではないでしょうか。IFAへの相談は無料ですので、気軽に体験できます。IFAへの相談が自分に向いているか相性診断も可能です。

以上の理由から、IFAの利用をおすすめします。

まとめ

金融機関は自社が扱っている金融商品について営業や提案をするのが基本なので、相談内容や扱っている金融商品によっては相談窓口を変えなければいけません。

IFAは独立した金融アドバイザーなので会社の違いを考える必要なく相談できます。口座開設をする金融機関や投資する金融商品に迷っているなら、まずは中立的な立場でアドバイスができるIFAに相談してみてはいかがでしょう。