IFA(資産運用アドバイザー)が1億円の運用おすすめ方法を紹介!IFAが考える1億円のあり方とは?

IFA(資産運用アドバイザー)とは

IFAとはIndependent Financial Advisorの略で、資産運用についてアドバイスする専門家です。金融機関などの組織に属さずに中立な立場から資産運用のアドバイスができるため、それぞれの資産家のニーズに寄り添った提案が可能です。

近年は金融機関と同等の資産運用のプロフェッショナルと言われ、アメリカでは医師や弁護士とも遜色のない社会的地位があると言われています。

IFA(資産運用アドバイザー)がおすすめする1億円の資産運用をする際に知っておきたいこと(h2)

1億円の資産を運用する際の重要な2つのポイントについて解説します。

ポイント1 堅実な資産運用を心がける

1億円という金額は少しの値動きでも大きく影響を受けてしまうため、資産を減らさないことが大切です。資産が少ないケースでは、多少のリスクを承知の上で積極的に資産運用する方も多いですが、1億円という大金がある際は、リスクを可能な限り抑えて運用することが大切です。

ポイント2 リスク分散型の運用

資産運用ではリスクが全くない商品はありません。しかし、高い見返りを求めればリスクは高くなってしまいます。資産運用の中では比較的リスクを抑えて運用できる方法がいくつかあるため、1億円という資産を長期的に運用すると、将来的に大きな利益を得ることもできます。

1億円の資産運用におすすめの方法

株式投資

株式投資は株式を購入して利益をあげる資産運用です。株式投資の利益は2種類があり、値上がりした株式を売却して利益をあげるキャピタルゲインと、株式の保有中に株主としての配当を得るインカムゲインです。

株式投資は値上がりだけでなく、配当金や株主優待などでも利益を得られるメリットがありますが、投資するための一定の知識が必要であることや、値動きが激しいためリスクはやや高めと言われています。

債券

債券は地方自治体や企業が投資家から資金を集める際に発行する証券です。債券を持っている人には毎年利息が現金として支払われ、満期になると額面金額が支払われます。

債券のメリットは満期にまとまったお金が手に入り、定期的に利子の収入も得ることができます。手元にある債券は満期を迎える前にも売却できますが、途中で売却する際は元本割れに注意しましょう。

また、債券を発行した自治体や企業が破綻するリスクもあります。

投資信託

投資信託は購入者の資産をプロが投資して運用する金融商品です。投資のターゲットは株式・債券・不動産などが多いと言われています。また、国内だけでなく世界中の金融商品に投資することができます。

様々な資産に投資できることに加えて、専門的な知識が必要ない方でも実践できる方法ですが、信託財産留保額という費用がかかってしまう点には注意が必要です。

1億円を持っている人にありがちな落とし穴

1億円は大金ですが、投資方法を間違えるとすぐにお金がなくなります。本章では、1億円を持っている人にありがちな資産運用について解説します。

マンション投資

マンション投資は、マンションやアパートなどの不動産を購入し、家賃収入で利益を上げる資産運用です。マンション投資の注意点は、運営や管理費が嵩み当初想定していた利益を大きく下回ってしまうことがあるため、実質利回りを正確に調べる必要があります。

また、物件の立地によっては入居者が見つからず、期待していた家賃収入が得られないことにも注意しましょう。

外国債券

外国債券は発行者・市場・通貨のどれかが海外である債券で、人気の金融商品として金融機関から勧められることも多いです。しかし、金利の高い外国債券は価格が大きく下がってしまうリスクがあるため、1億を超える資産の運用には不向きです。

ヘッジファンド

ヘッジファンドは高額な資金を集めて運用する投資信託です。ヘッジファンドでの資産運用では様々な投資方法や金融商品が使用され、一般の投資信託に比べると運用方法や状況が提示されにくいことからリスクの見極めが難しくなります。

IFAに相談するべき1億円の運用方法の内容とおすすめの理由

1億円を資産運用するにはリスクを抑えられ、長期的な保有が可能な株式・債券・投資信託などがおすすめです。リスクを抑えて運用するには、以下の3つのポイントを理解しましょう。

ポイント1 時期の分散

金融商品は買い時が大きく利益に影響することが多いです。ベストな買い時を見極めることは専門家でも非常に難しいですが、投資する時期を分散することで、値下がりの影響を出にくくできます。

ポイント2 長期運用

投資した金融商品は長期的な目線で運用することも大切です。短期間で大きく価格が動いている銘柄も、長期的に保有すれば変動の波が収まることがあります。

ポイント3 銘柄の分散

1億円を金融資産として投資する際は、複数の銘柄に分けて投資しましょう。1つの銘柄で運用すると、値下がりによって大きな影響がでてしまいますが、分散することでそのリスクを軽減することができます。

上記3つのポイントを意識していても、詳しく専門的な知識を有していなければ資産を減らしてしまうこともあるかもしれません。リスクを少しでも抑えた投資を行いたい人は「IFA」などの投資の専門家に相談するのがいいでしょう。

まとめ

IFAを利用すれば資産運用のプロフェッショナルがそれぞれの資産家に合わせた運用方法を検討してくれるため、高額な資産を運用していくためには安心な方法の一つです。自身の資産の運用方法に悩んでいる方はぜひIFAを活用してみてください。