IFA(資産運用アドバイザー)とは?IFAの将来性について紹介

金融機関に資産運用や金融商品の相談をしていると、転勤などの事情で担当が変わることがあります。

IFAは銀行や証券会社に所属する社員ではないため、基本的に担当は変わりません。しかしながら、IFAに将来性がないと、せっかく信頼できるIFAを見つけても将来性のなさから仕事を辞めてしまうかもしれません。

IFAにとっても自身の仕事の将来性は重要ですが、相談する側である顧客にとっても「担当が変わるかもしれない」という点で将来性は重要なポイントになります。

IFAを利用している方や利用を検討している方にIFAの将来性と今後について解説します。

IFA(資産運用アドバイザー)とは

IFA(資産運用アドバイザー)とは、資産運用や投資についてアドバイスや提案などを行なうアドバイザーのことです。

IFAは金融商品の紹介や仲介による売買なども行なっているため、資産運用について相談、提案、アドバイス、仲介、情報提供などを総合的にこなすプロになります。

IFAの特徴は証券会社や銀行などの金融機関とは独立した立場であるという点です。資産運用や投資のアドバイス、金融商品の紹介や仲介売買と言えば、金融機関の担当を想像するかもしれません。

IFAは金融機関に所属する社員ではなく、独立した立場でアドバイスや提案、金融商品の提案をするアドバイザーです。

IFA(資産運用アドバイザー)の今後と将来性について

IFAは将来性が期待されているアドバイザーです。

金融機関の担当だと、どうしてもノルマや自社商品に縛られてしまいます。資産運用のアドバイスや提案も自社の取扱商品や自社の方針に沿ったものになってしまうのです。

IFAは独立系アドバイザーですから、会社のノルマや取扱商品に縛られることがありません。顧客の相談を受け、顧客の方針や目的に沿ったアドバイスや提案が可能です。これは、資産運用や投資を相談する側である顧客にとってひとつのメリットであると言えるでしょう。

特定の金融商品や金融機関のサービスについて相談したいなら、それぞれの会社の窓口に相談すれば良い話です。資産運用について幅広い相談をしたいなら、IFAは利用しやすくニーズに沿った相談先になることでしょう。

IFAの認知度が高くなると、比例して必要とされ、伸びる業界であると予想されます。

IFAと証券会社との違い

IFAと証券会社は金融商品の紹介や仲介売買も行なうことから、証券会社と同じではないかという疑問を持つ方もいるようです。

IFAと証券会社には2つの違いがあります。

ひとつ目の違いは「証券会社は自社の取扱金融商品しか販売できないがIFAには縛りがない」という点です。

IFAは特定の証券会社の社員ではありません。提携先の金融商品を会社の縛りなく自由に扱えるのです。

もうひとつの違いは、IFAは個人のアドバイザーであり証券会社は法人、つまり会社であるという点です。

証券会社には自社の方針があります。社員も会社には従わなければいけません。

IFAと共に考える資産運用

IFAは金融機関など特定の会社には所属していませんから、証券会社の担当より自由で幅広いアドバイスや提案が可能です。

IFAは証券会社や銀行の担当よりも、より柔軟で幅広いアドバイスや提案ができます。金融商品の仲介売買も同じです。IFAによって取扱に差はありますが、特定の会社に縛られないことから、柔軟な金融商品の提案が可能です。

IFAと共に考える資産運用も、柔軟で幅広いものになると言えるでしょう。

IFAアドバイザーを選ぶポイント

IFAからアドバイスを受ける際はIFA選びが重要になります。IFAに将来性があっても、自分に合ったIFAでなければ思い描くような資産運用はできなくなってしまいます。

将来性が期待できるIFAだからこそ、長くつき合えるIFAを選ぶことが重要です。

IFAを選ぶときのポイントは3つあります。

・知識と経験が豊かなIFAを選ぶ
・自分に寄り添ってくれるIFAを選ぶ
・信頼できるIFAを選ぶ

IFAに多くの方が期待するのは専門性ではないでしょうか。知識と経験が豊かであることは専門性という点で重要なポイントです。

ただ、専門性が高くても自分に寄り添ってくれないIFAだと、資産運用の相談をしてもニーズに合った資産運用や投資はできません。話をよく聞いてくれるか、顧客に寄り添ってくれるかも重要なポイントです。

IFAは個人のアドバイザーになります。アドバイザーと顧客の相談は極論として「人と人」になります。人として信頼できるIFAか見定めて選ぶことも重要です。信頼できないIFAだと長期のおつき合いは難しくなります。

IFAに相談するメリット

IFAに相談するメリットは2つあります。

・資産運用について総合的にサポートしてもらえる
・担当のIFAは基本的に変わらない

IFAは資産運用のアドバイスから情報提供、提案、金融商品の仲介取引業務まで幅広く支援できる存在です。金融商品の取扱の幅も広いため、相談から仲介売買までオールインワンで任せられるというメリットがあります。

IFAは金融機関のように転勤がありませんので、基本的に同じIFAが担当します。ずっと同じIFAに相談し、長期的につき合えるという安心感や、相談を重ねることでより自身に寄り添ってもらえるというメリットがあるのです。

まとめ

IFAは資産運用の独立した個人アドバイザーです。会社に捉われないからこそIFAは幅広いアドバイスや提案、金融商品の紹介、提案が可能になっています。今後、IFAの認知度が高くなることで、IFAの将来性も期待できると言えるでしょう。

将来性のあるIFAのメリットを活かし長いおつき合いをするためにも、自身に合ったIFAを選ぶことが重要です。
IFAには無料相談窓口もあります。IFAの利用を検討している方や自分に合ったIFAを選びたい方は無料相談窓口などの利用をおすすめします。