債券や投資信託を扱うIFA(資産運用アドバイザー)の魅力とは

IFAは、債券や投資信託といった金融商品の売買を仲介できます。この記事では、債券や投資信託の基本について解説します。

IFA(資産運用アドバイザー)とは

IFAとは、独立・中立の立場から資産運用のアドバイスを行う専門家で、日本では「独立系ファイナンシャル・アドバイザー」とも呼ばれています。
日本におけるIFAは、内閣総理大臣の登録を受け、銀行や証券会社と業務提携し、株式、債券、投資信託などの売買の仲介をする金融商品仲介業者所属の登録外務員です。

IFAは金融機関から独立した資産運用アドバイザーであり、金融商品の仲介も行うことができるのです。

債券とは

債券は、国や地方公共団体、企業などが投資家から資金を借りる際に、証書(現在はペーパーレス)として発行するものです。国や企業などの発行体は投資家に利息を支払い、償還日に元本を返還します。債券には様々な種類があり、また満期までの期間や金利も様々です。

個人向け国債であれば1万円程度から、海外債券であれば数万円程度で購入できるものもあります。株式などリスクの高い金融商品を購入するのは怖いという人は、余剰資金の運用を、比較的リスクの低い債券で始めてみてはいかがでしょうか。

債券は、期間や利回り水準が多様で、ニーズやライフプランに応じた運用が可能です。

債券の基本

債券には様々な種類があります。国・地方公共団体が発行するものは「公共債」、事業法人が発行するものは「民間債(社債)」と呼ばれ区別されているのです。

また、償還までの期間や金利も異なります。
投資の際には、自分の投資プランに合った債券を選びましょう。また、さまざまな種類の債券を組み合わせて、自分のニーズに合った資産ポートフォリオを構築することも可能です。

債券分析の特徴

債券の価格は、原則として市場金利によって日々変動し、その変動に応じて運用利回りも変動します。

債券は、金利が上昇すると価格が下がり、金利が下がると価格が上がるという特徴があるからです。したがって、金利の上昇が予想される場合には、長期債ほど慎重に購入する必要があります。

投資信託とは

投資信託とは、投資家から集めたお金を一つの大きな資金としてまとめ、投資の専門家であるファンドマネジャーが株式や債券などの金融商品に投資し、その運用成果を投資家にそれぞれの投資金額に応じて分配する金融商品です。

投資信託の運用成績は、市場環境等によって変動します。投資信託を購入した後、投資信託の運用成績がよくて利益がでる場合もあれば、運用成績が悪くて投資額を下回る損失がでる場合もあるのです。このように、投資信託の運用によって得られた損失や利益は、それぞれの投資額に応じてすべて投資家に帰属します。

ですから、投資信託は元本保証がある金融商品ではありません。この点は、銀行預金等とは異なるので、注意が必要です。

投資信託の基本

投資信託は「投資信託委託会社」が作り、主に証券会社や銀行などの「販売会社」を通じて販売し、多くの投資家からお金を集めるものです。投資家から集めたお金は、資産管理を専門に行う信託銀行に集約され、保管されます。

そして、集めたお金をどこでどのように運用するかを運用会社が決定し、運用を行う信託銀行に指示を出すのです。これを「運用指図」といい、運用会社にはその権限があります。そして、信託銀行は、運用会社の指示のもと、株式や債券を売買するのです。

投資信託は、販売、運用、資産保管の役割をそれぞれ担う専門機関で構成された金融商品です。

投資信託の特徴

通常、株式や債券に投資するには、数十〜数百万円といったある程度の資金が必要です。しかし、投資信託ならネット証券を利用すれば、100円程度から気軽に始めることができます。

投資の基本は、資産を複数の商品に分割してリスクを分散させる「分散投資」です。個人投資家が自分で分散投資するには多額の資金が必要ですが、投資信託は少額の資金を集めて一つの大きな資金として運用するため、さまざまな資産に分散投資でき、リスクを軽減できるのです。

債券や投資信託を扱うIFA(資産運用アドバイザー)の魅力とは

銀行や証券会社などの金融機関は、事業を継続するために、業務に必要なシステムへの投資や、支店を維持するための人員確保など、多くのコストが発生します。そのため、「お客様のため」という視点はあっても、「会社を維持するため」という視点から、利益優先の営業方針・ノルマになるケースがどうしてもでてきます。

一方、IFAは、提携する証券会社から販売方針やノルマを指示されることはなく、各IFAの独立性や多様性は、証券会社にとって顧客の幅を広げるというメリットがあるのです。

また、IFAの多くは小規模です。そのため、既存の金融機関ほどシステムやスタッフへの投資が必要ありません。身軽であるからこそ、「顧客のため」という視点を重視した提案が期待できるのです。

まとめ

IFAは債券や投資信託だけでなく、株式などの売買も仲介しています。IFAと相談しながら、自分にあった資産運用法を見つけるようにしてください。