IFA(金融商品仲介業)とは?IFAの働き方や仕組み等を解説

IFA(金融商品仲介業)として働く人が増えています。この記事では、IFA(金融商品仲介業)の働き方や仕組みについて解説します。

IFA(金融商品仲介業)とは

IFA(金融商品仲介業者,以下IFA)とは、「Independent Financial Advisor」の略称です。

IFAは、顧客が必要としない商品を勧めることはなく、純粋に顧客の立場に立って公正なアドバイスを行うことができます。また、系列の会社に縛られることなく自由に商品を選べるので、自由な営業活動を行えるのです。

金融商品仲介業制度の仕組み

IFAは、証券会社などの金融商品取引業者と業務委託契約を締結し、金融商品取引業者が取り扱う商品(株や投資信託など)やサービスを顧客に仲介する業者です。

ただ、IFAは証券会社などの金融商品取引業者に属さず、複数の証券会社と業務委託契約を結ぶことができるので、顧客に提供する商品について証券会社の意向やノルマの影響を受けることはありません。

つまり、IFAは、証券会社等の金融商品取引業者に代わって顧客に金融商品を提案するのではなく、顧客に代わって金融商品を探し、幅広い選択肢の中から最適な金融商品を提案するのです。

IFA(金融商品仲介業)に求められること

IFAには、どのようなスキルや資質が求められるのでしょうか。顧客から信頼を得るためには、知識や話術などのスキルも大切ですが、他の業界と大きく異なるのは、「自分を律する力」です。

証券会社など金融機関の営業職はノルマを課されることもあるようですが、IFAは自ら計画を立て、努力し、目標を達成することが求められます。

IFA(金融商品仲介業)に求められる背景

IFAは、金融商品仲介業を行うために登録が必要です。IFAと一般の販売員の違いは、IFAは説明不足による販売で顧客が予期せぬ損失を被った場合、損害賠償やそれに準ずる支払いを求められる可能性があることです。

これは、金融商品取引法、金融サービスの提供に関する法律などの販売・勧誘等に関する厳しい法律があるためです。もちろん、法令や証券業協会の規則に違反した場合は、登録の取り消しなどの処分を受けることもあります。

コンプライアンス(法令遵守)に対する意識が低いと、個人としてIFA活動を続けることが難しくなるだけでなく、顧客や所属するIFAファームに迷惑をかけることになるので、注意が必要です。

まとめ

IFAは銀行や証券会社などの金融機関と違い、顧客と長期的な関係を築くことができます。米国ではIFA(が主流になっており、日本でも今後IFAが一般的になっていく可能性は高いと考えています。