2024年の医師のベスト資産運用TOP3

はじめに

本日のテーマは、「2024年の医師のベスト資産運用TOP3」です。年が明け、2024年になりましたので、今年1年、どのようなものに投資すればよいのか、ベストな資産運用のTOP3をお伝えします。それだけでなく、そのようなオススメの資産クラスを使って、具体的にどのように資産配分していけばよいのかという資産配分例も合わせてご説明します。

TOP3発表

2024年の医師のベストな資産運用TOP3を、3位から順に発表します。

3位「先進国株式」

2024年の医師のベストな資産運用TOP3を、3位から順に発表します。
TOP3の3位は、先進国株式です。海外の主要先進国の大きな企業が発行している株式というイメージになります。中心は、世界の中心であるアメリカなどの株式になると思いますが、アメリカ(有力圏)を含む国々で発行している海外の先進国株式を3位にしました。

世の中の金利が低下傾向にあって、2022年はかなり金利が上がることに苦しめられました。2023年は金利が下がり(実際にはそれほど下がっていませんが)、さらに2024年は下がる予想があります。株式が復調し、2022年の負けを取り戻す形でこのような外国株式が上昇しました。2024年以降も金利が低下していて、株式にとってはプラスの状況が続くという見方になっているので、資産ポートフォリオの中には、割合としては多めに含んでよいというのが、この先進国株式であると思います。

2位「国内不動産」

TOP3の2位は、国内不動産です。医師の方々の資産運用の課題として、物価が上がった時のインフレ対策があります。物価が上昇しインフレになるに伴い、収入もそのまま上がるとは限らないのが医師の方の収入の特徴であると思います。インフレになり物価が上昇した時に、保有している資産の価格が上昇したり、家賃収入が増えたりするような形を作るには、国内不動産が最も適していると思います。ですから、国内不動産はポートフォリオに割合として多く含んでいた方がよいというのが、2024年の資産運用ではないかと考えます。

それ以外にも、医師の先生の特徴として、銀行からの信用力が非常に高いので、借入を有利な条件で行うことで、国内不動産投資も有利に進めることができる可能性が高いという意味でも、2位となりました。

1位「米ドル債券」

TOP3の1位は、米ドル債券です。一時点よりは債券の利回りが下がっていますが、それでも、歴史的に見るとまだまだ高い水準にあります。ただ、2024年の後半以降は債券の利回りも下がっていく可能性が高いといわれています。2024年の前半のうちに、できるだけ期間が長い債券で米ドル債券なども保有(投資)しておくことで、長期間、今の高い利回りを維持することができる可能性は高いと思いますので、米ドル債券に投資する価値はあると考えます。

特に、お忙しい医師の先生にとっては、こちらの債券のように、投資した後、特にメンテナンスや管理の手間がかからない、投資自体に時間を取らせない資産は非常に相性がよいと思います。そういった意味でも、1位は米ドル債券にさせていただきました。

以上のように、2024年の医師のベストな資産運用TOP3の3位は米国株式を含む先進国株式、2位は国内不動産、1位は米ドル債券となりました。

2024年の資産配分ポートフォリオ(当初)

先ほどのTOP3で発表したような2024年のオススメの資産を、どのように活用して資産のポートフォリオを組めばよいのか、資産配分の再配分例をお伝えします。具体的に、このような属性の方の場合、当初はこのような資産配分で、このように再配分した方がよいという順でお話しします。

こちらが資産配分シートです。左側が金融資産、右側が実物資産、一番下が全体のバランスになっており、本人情報は右下です。資産配分は、現預金が資産の中心で2億2,000万円、右上が不動産で1億8,000万円、ローンが7,000万円、こちらはご自宅です。金融資産は現預金が多く、国内不動産はご自宅が大半というイメージです。

全体の資産のバランスは、純資産が3億3,000万円に対して総資産が4億円なので、レバレッジ比率は121%、金融資産と実物資産の比率は、金融資産55%:実物資産45%、外貨・株式・債券は保有していないので0%となっています。それぞれの配分比率が非常に大事になってくるので、ここのバランスをとって資産配分するのが重要です。

本人情報は、55歳の男性で開業医、家族構成は奥様・長男・次男の4人家族、年収は5,000万円、国内不動産で自宅をお持ちの方です。再配分するにあたり、この方の希望は特になしとします。モデルの資産配分ですので、私が考える最適な配分にするという前提で考えていきます。本人の希望が入ってくるといろいろと変わってきますが、希望なしの前提です。2つ目に最大公約数の最適配分を提案するということですので、多くの方に当てはまるような最適配分とし、一般例としてご理解いただければと思います。

2024年の資産配分ポートフォリオ(再配分)

当初の状態から再配分した場合、このようになります。右下が再配分案です。2億2,000万円の現預金から2億円を使わせていただきます。増加させる資産としては、日本株式に1,000万円、先進国株式に2,500万円、これは、オススメの資産でお伝えした第3位のコア資産です。新興国株式に1,000万円、株式の再配分は合計で4,500万円になります。

先進国債券が9,000万円、主に米ドル建て債券なので、オススメのTOP3の1位の資産がこちらの先進国債券に該当します。次に、外国REITに1,000万円、オルタナティブ(ヘッジファンド)に1,500万円。国内不動産に1億円投資して、それに伴う不動産ローン(国内ローン)が7,000万円です。オススメTOP3の2位の資産がこの国内不動産に該当します。そして、コモディティ金が1,000万円、という配分になっています。

このような再配分を行うと、全体のバランスが一番下のように出ます。純資産3億3,000万円に対して総資産が4億7,000万円なので、レバレッジ比率としては142%になっています。当初の状態が121%でしたので、20%ほどレバレッジ比率が上がっていて、投資効率が高まっています。リスクを取り過ぎている水準ではないので、許容範囲で投資効率がいい具合に高まっているといえると思います。

次に金融資産と実物資産の比率ですが、金融資産38%:実物資産61%という割合になっています。多くの場合、金融資産と実物資産の比率は、金融4割:実物6割程度がバランスとしては適切であると考えているので、38%:61%で丁度いい割合になっていると思います。

当初は金融資産が少し多かったので、この部分の最適化ができたと思います。外貨比率は、48.5%になっています。当初は0%でしたので、円高に行くことにフルベットしていたイメージですが、多くの場合、外貨比率は50%を目指して再配分するとよいと思いますので、それに限りなく近い状態になっています。これで、円高になっても円安になっても、50:50に賭けているような状態になっているといえます。

次が株式と債券の割合です。これは、金融資産に占める株と債券の割合になりますが、株式25%:債券50%ですので、株と債券の比率は1:2という保有比率になっています。この例の場合は、年齢が55歳で退職するのは例えば10年~15年というイメージになると思いますので、このような資産背景という前提で考えると、この程度の株と債券の比率が割合としては基本的によいと思います。

以上がモデル資産配分の再配分例でした。冒頭でお伝えした2024年のオススメのTOP3の資産を中心に据えて、その他の資産にも分散してポートフォリオを構築している資産配分になっています。

まとめ

本日のテーマである「2024年の医師のベスト資産運用TOP3【新年特別版】」をまとめます。ポイントは4つです。

ポイント1)TOP3をコア資産に据え、その他資産にも分散

TOP3をコア資産に据え、その他の資産にも分散するのは、資産運用法としてはよいと思います。TOP3というのは、米ドル債券・国内不動産・先進国株式です。こういった資産をコア資産として資産配分全体の中心にして、割合としては7~8割を配分し、残りの2~3割をその他の資産にリスク分散して再配分するのがよいと思います。先ほどのモデルの資産配分もそのようになっています。この考えを中心に、ご自身の好みも織り交ぜながら配分していくとよいでしょう。

以下はそれぞれのTOP3の役割です。

ポイント2)米ドル債券で安定したインカムゲインを得る

米ドル債券は、安定したインカムゲインを外貨で得ることができるというのが一番のメリットで、多くの方が投資目的とされている内容かと思います。そのような目的を持って投資するとよいでしょう。医師の方の資産や収入の中心は日本円かと思いますので、その資産や収入を外貨に分散して定期的に外貨の収入を得ることができるのは、かなりメリットとしては大きいことです。

ポイント3)国内不動産で日本のインフレ対策

国内不動産の役割としては、日本のインフレ対策が結構大きいと思います。「物価が上がっても収入が上がらない」「資産が増えない」というのが、医師の先生方の資産配分の特徴ではないかと思われますので、国内不動産を持つことによって、日本の物価が上がると、物件の価格が上がったり賃料収入が増えたり、インフレについていける効果が期待できます。

ポイント4)先進国株式で海外のインフレ対策

先進国株式を持つと、海外のインフレ、経済成長についていくことができます。日本にいながら手軽にインターネットの証券口座などでできますので、先進国株式を海外のインフレ対策の中心に据えるとよいでしょう。

本日は「2024年の医師のベスト資産運用TOP3【新年特別版】」という内容でお届けさせて頂きました。

今回の内容については「医師のための資産形成アカデミー」でも視聴できます。

<ご注意事項>
・当社の所属金融商品取引業者等は株式会社SBI証券、東海東京証券株式会社、エアーズシー証券株式会社です。
・当社は所属金融商品取引業者等の代理権は有しません。
・当社はいかなる名目によるかを問わず、その行う金融商品仲介業に関して、お客様から金銭および有価証券のお預かりを行いません。
・各商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法等に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。
[金融商品仲介業者]
商号等:株式会社ウエルス・パートナー  登録番号:関東財務局長(金仲)第810号
[所属金融商品取引業者]
商号等:株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者 
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会、日本商品先物取引協会
商号等:東海東京証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第140号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融 商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人日本STO協会
商号等:エアーズシー証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第33号
加入協会:日本証券業協会

関連記事

医療法人の4億円で作るベスト米国債ポートフォリオ 医療法人の4億円で作るベスト米国債ポートフォリオ 医師がどれだけ円安でも米ドルを買う本当の理由 医師がどれだけ円安でも米ドルを買う本当の理由 医師の1億円で作るベスト米ドル社債ポートフォリオ 医師の1億円で作るベスト米ドル社債ポートフォリオ ラップ口座にハマる医師が資産運用に失敗する理由 ラップ口座にハマる医師が資産運用に失敗する理由
ご相談はこちらから
お名前(姓・名)*
お名前カナ(セイ・メイ)
メールアドレス*
電話番号*
第一希望日*
ご希望のお時間*
第二希望日*
ご希望のお時間*
面談場所
ご相談を希望するアドバイザー
大まかな保有資産額を教えてください。*
ご年収を教えてください
当社を知ったきっかけ*
ご相談内容
利用規約*
上記でご入力いただいた内容は、当社からの連絡や情報提供などに利用するためのもので、それ以外の目的では使用いたしません。
また、その情報は、当社以外の第三者が利用することはございません。(法令などにより開示を求められた場合を除きます)
詳しくは、個人情報規約をご覧ください。
https://wealth-partner-re.com/policy/