富裕層が実践する資産配分とは?リスク管理と成長を両立させる方法

はじめに

富裕層が資産を効果的に運用するためには、適切な資産配分が欠かせません。しかし、どのような資産配分が最適なのかは個々の状況によって異なります。本記事では、実際の事例を基に、富裕層がどのような資産配分を実践しているのかについて解説します。リスク管理と成長を両立させる方法や、異なる資産クラスの組み合わせなどについても詳しく取り上げます。富裕層が資産を増やすために取り組んでいる戦略を知り、自身の資産運用に活かしてみましょう。

富裕層の資産配分の重要性とは

富裕層は、リスク管理と成長の両立を目指して資産を配分しています。リスク管理をしっかり行いつつ、同時に資産を成長させるためには、適切な配分が必要です。資産を一つのクラスに集中させると、そのクラスの変動によって全体の資産価値が大きく揺れ動く可能性があるからです。これは、「卵を一つのカゴに盛るな」という投資の有名な格言に基づいた考え方です。

画像引用元:https://www.gpif.go.jp/gpif/diversification3.html

これに対して、異なる資産クラスに分散させることで、リスクを分散させつつ、資産の成長を追求することができます。

また、多様な資産クラスの組み合わせも重要です。株式、債券、不動産など、異なるクラスの資産を組み合わせることで、個々の資産クラスの特徴を活かしながら、リスクヘッジと収益のバランスを取ることができます。

富裕層の資産配分の事例と実践方法

実際の富裕層の事例を見てみましょう。富裕層は、資産を株式、債券、不動産、現金、その他のクラスに分散させることが一般的です。例えば、株式は成長性が高く、キャピタルゲインを追求するために活用されます。一方、債券は安定的なインカムゲインを得るために使用されます。不動産は資産の長期安定化やキャッシュフローの確保を目的として保有されます。

【ご相談事例】

資産配分のポイントとしては、まずは自身のリスク許容度や目標リターンを明確にすることが重要です。そして、異なる資産クラスの特徴を理解し、適切な比率で配分することが求められます。また、適宜見直しを行い、マーケットや各資産の運用状況に応じて配分比率を調整することも大切です。

ご相談事例:会社売却後の資産運用
「柱はインカムゲインと相続対策」
https://wealth-partner-re.com/service/case/case3/

リスク管理と成長を両立させる方法

リスク管理と成長を両立させるためには、ポートフォリオ構築による分散投資が重要です。ポートフォリオとは、保有する資産の組み合わせのことであり、リスクとリターンのバランスが最適になるよう考慮して構築されます。異なる資産クラスに分散させることで、一つの資産クラスの変動によるリスクを軽減することができます。

また、リスク管理には、ヘッジ取引も活用されます。例えば、資産価値の保全やリスクヘッジのために、ヘッジファンドや商品先物取引などを利用することがあります。これにより、リスクを抑えつつ、収益を最大化することが可能となります。

ただし、ヘッジ取引には専門知識と経験が必要です。ヘッジ取引を利用する際には、IFA(資産運用アドバイザー)へ相談し、アドバイスを受けるとよいでしょう。

異なる資産クラスの組み合わせ

富裕層が実践する資産クラスの組み合わせには、株式、債券、不動産などがあります。株式は成長性やキャピタルゲインを追求するために重要な要素です。一方、債券は安定的な運用の実現とインカムゲインを得るために重要です。不動産は資産の長期安定化やキャッシュフローの確保を目的として保有されます。これらの資産クラスを適切に組み合わせることで、リスクを分散させつつ、収益を最大化することができます。

また、最近の地政学リスクの高まりを考えると、投資対象国や通貨を分散させるほか、資金の一部を有事に強い資産へ退避させることも選択肢になるかもしれません。

まとめ

富裕層が実践する資産配分は、リスク管理と成長の両立を目指すものです。適切な配分とポートフォリオの分散投資により、リスクを軽減しながら成長を追求することが可能です。異なる資産クラスの組み合わせやリスクヘッジ手法の活用も重要です。自身のリスク許容度や目標リターンを明確にし、富裕層の戦略を参考にして資産配分を行うことで、より効果的な資産運用ができるでしょう。

<ご注意事項>
・当社の所属金融商品取引業者等は株式会社SBI証券、エアーズシー証券株式会社です。
・当社は所属金融商品取引業者等の代理権は有しません。
・当社はいかなる名目によるかを問わず、その行う金融商品仲介業に関して、お客様から金銭および有価証券のお預かりを行いません。
・各商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法等に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。
[金融商品仲介業者]
商号等:株式会社ウエルス・パートナー  登録番号:関東財務局長(金仲)第810号
[所属金融商品取引業者]
商号等:株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者 
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会、日本商品先物取引協会
商号等:エアーズシー証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第33号
加入協会:日本証券業協会

関連記事

外資系プライベートバンクが日本から撤退していく理由 外資系プライベートバンクが日本から撤退していく理由 証券担保ローンで借入して資産運用するリスクの大きさを理解してますか? 証券担保ローンで借入して資産運用するリスクの大きさを理解してますか? 急増する不動産売却富裕層の資産運用実例 急増する不動産売却富裕層の資産運用実例 純資産5億円以上の富裕層が実践する資産運用戦略【金融資産編】 純資産5億円以上の富裕層が実践する資産運用戦略【金融資産編】
ご相談はこちらから
お名前(姓・名)*
お名前カナ(セイ・メイ)
メールアドレス*
電話番号*
第一希望日*
ご希望のお時間*
第二希望日*
ご希望のお時間*
面談場所
ご相談を希望するアドバイザー
大まかな保有資産額を教えてください。*
ご年収を教えてください
当社を知ったきっかけ*
ご相談内容
利用規約*
上記でご入力いただいた内容は、当社からの連絡や情報提供などに利用するためのもので、それ以外の目的では使用いたしません。
また、その情報は、当社以外の第三者が利用することはございません。(法令などにより開示を求められた場合を除きます)
詳しくは、個人情報規約をご覧ください。
https://wealth-partner-re.com/policy/