IFA(資産運用アドバイザー)に相談するには?

IFAに魅力を感じ利用したいと思ったら、どのような流れで取引をスタートすればいいのでしょうか。

証券会社と取引する場合は会社選びをして口座開設という流れになります。IFAへの相談の際も同じ流れで取引をはじめられるのかが問題です。

IFA(資産運用アドバイザー)へ相談する方法と流れについてご紹介します。

IFA(資産運用アドバイザー)とは

IFAとは「独立系ファイナンシャルアドバイザー」と呼ばれる資産運用や金融、投資のアドバイザーのことです。

投資や資産運用について相談できるアドバイザーの多くは銀行や証券会社などの特定の金融機関に所属しています。アドバイスやおすすめする金融商品も自身が所属する会社のものが中心です。

対してIFAは銀行や証券会社などの各金融機関に所属していないため、公正かつ中立的なアドバイスをします。会社に縛られることなく顧客にとって必要な有価証券や投資方法、金融サービスについてアドバイスできるのがIFAです。

IFAは市場や相場、ポートフォリオについてのアドバイスや投資信託、株式、債券などの説明、金融商品販売の仲介などを行なっています。

資産運用の際は中立的なアドバイザーであるIFAに相談することも可能です。

IFA(資産運用アドバイザー)に相談するには

IFAに相談するときは次のような流れで進めます。

・IFAに個別相談をする
・取引したいIFAと契約を結ぶ
・IFA経由で登録証券会社に口座開設する

IFAに相談するときは相談したいIFAを選ぶところからスタートです。相談したいIFAが見つかったら相性などを見るために一度相談してみることをおすすめします。
無料相談窓口などもありますので、IFA選びの際は積極的に利用してみてはいかがでしょう。

相談するIFAを決めたら契約です。IFAと契約を結びます。

次に取引するIFAを経由して証券会社の口座開設を行ないます。資産運用や投資の窓口は契約したIFAですが、資産の預かりは証券会社が行なうため、IFAが登録している証券会社に口座開設が必要です。

IFAを経由して登録証券会社の口座開設が済んだら取引開始になります。

IFA(資産運用アドバイザー)への相談と取引に発生する費用

IFAへの相談と取引では以下のような費用が発生します。

・IFAにアドバイスなどを受けるための手数料
・金融商品を売買するときの手数料
・信託報酬

IFAへの相談では資産運用や投資のサポートを受けるために既定の手数料を払わなければいけません。IFAへの相談にかかる費用や費用が発生するケース、支払いのタイミングなどは取引するIFAから個別に説明があります。IFAの費用で分からないことがあれば契約前に確認しておくことをおすすめします。

IFAへの相談とは別に取引では金融商品の売買や投資信託を保有する際の信託報酬も必要です。ただし、金融商品の売買手数料や投資信託の信託報酬はIFAを利用しなくても発生する費用です。

IFAとの取引で必要になる費用は「IFAを利用するための費用」「資産運用や投資で発生する基本的な費用(売買手数料や信託報酬)」の2種類になります。

IFA(資産運用アドバイザー)への相談と取引に発生する期間

金融機関の場合は担当者が転勤により数年で変わることも珍しくありません。担当者が変わるときは引継ぎが行なわれ、新しい担当を経由して資産運用や投資をするという流れではないでしょうか。金融機関との取引では会社側の都合で取引期間内に担当者が変わる可能性があります。

IFAとは5年や10年という長期でお付き合いすることも珍しくありません。期間内は契約したIFAが投資や資産運用のアドバイス、サポートを行います。期間の途中でIFAが変わることは原則的にありません。

IFAとは長期的にお付き合いすることが可能です。期間についても基本的にIFAから個別に説明があります。期間についての疑問があれば、取引するIFAに確認しておきましょう。

まとめ

IFAに相談するときはIFA探しをして個別相談や説明を経て契約という流れです。

契約後はIFAが登録している証券会社に口座を開設して、IFAにアドバイスやサポートを受けながら資産運用や投資をします。取引期間や発生する費用については、IFAから個別に説明があります。

IFAは資産運用や投資の目的を見据えて長期的にお付き合いできる点や、中立的なアドバイスやサポートを受けられる点が魅力です。

IFAへの相談を検討している方は、まずは無料相談などを通してIFAとのやり取りを体験してみてはいかがでしょう。