代表挨拶 | 株式会社ウェルス・パートナー

代表挨拶

Top Message

代表挨拶
  • HOME »
  • 代表挨拶

代表挨拶

TOP MESSAGE

世代を超えて資産を守る
真のプライベートバンクを日本に確立する

株式会社ウェルス・パートナー
代表取締役 世古口俊介

私は日系、米系、スイス系のプライベートバンクにおいて、13年間プライベートバンカーとしてお客様の大切な資産をお預かりし管理、保全をしてまいりました。
13年間のバンカーとしての経験で感じたことは、どこの金融機関のプライベートバンクも上場会社で大企業である以上は、短期的な収益を追い求めてしまい 、本当に長期的な視点でお客様にサービスを提供することは絶対にできないということです。
私はお客様と本当に長期的な関係を築き、人生の真のパートナーとなるためには未上場のオーナー系のプライベートバンクであるべきという結論に達し、当社を設立しました。
当社のプライベートバンカーがお客様の資産状況を全て把握し、最適な資産全体のポートフォリオと資産運用設計をご提案します。
当社の使命は最も長期的な視点に立ち、世代を超えてお客様とご家族の幸せを考え、資産を守ることだと考えております。
私は当社のような独立系のプライベートバンクのことをIPB(Independent Private Bank)と呼んでおり、このIPBこそが世界の富裕層の資産運用に変革をもたらすと確信しております。

代表プロフィール


1982年10月生まれ。大学卒業後、2005年4月に日興コーディアル証券(現・SMBC日興証券)に新卒で入社し、プライベート・バンキング本部にて富裕層向けの証券営業に従事。
その後、三菱UFJメリルリンチPB証券(現・三菱UFJモルガンスタンレーPB証券)を経て2009年8月、クレディ・スイス銀行(クレディ・スイス証券)プライベートバンキング本部の立ち上げに参画し、プライベートバンカーとして同社の成長に貢献。
同社同部門のプライベートバンカーとして、最年少でヴァイス・プレジデントに昇格、2016年5月に退職。
2016年10月に株式会社ウェルス・パートナーを設立し、代表に就任。
一貫して保有資産数百億円以上の富裕層、未上場・上場企業の創業家の資産保全・管理、相続・事業承継対策、資本政策・M&Aなどの企業価値向上対策、ファミリーオフィスサービス提供に従事。

当社使命

MISSION

全資産ポートフォリオの最適化

13年間お客様の資産ポートフォリオを見続けてきて感じたことは、資産配分が特定の金融商品や不動産に大きく偏っていることです。
理由は銀行や証券会社、不動産会社などが自社で扱う特定の資産カテゴリーしか提案していないからだと考えております。
アセットアロケーションの観点からは何かの資産に集中するべきではなく、お客様の状況や目的に応じてバランス良く保有することが大事です。
当社では何か特定の資産カテゴリーを勧めることはなく、全資産ポートフォリオの最適化を最も大切にしております。
株式、債券、保険、ヘッジファンド、国内外の不動産など幅広い資産クラスを扱っている当社だからこそ、全資産ポートフォリオの最適化が可能となります。

資産運用設計の最適化

資産配分の最適化と同じく最も大事なのは、相続・事業承継を見据えた資産運用設計だと考えております。
お客様の中には周りの税理士や専門家から十分な相続・事業承継対策、資産運用設計を受けていない方が多くいらっしゃいます。
具体的には資産管理会社の設立・運営、自社株式の相続税評価軽減、持株会社設立、納税猶予制度の活用、事業会社での納税資金準備、種類株式の発行、海外での資産運用設計など様々な手法があります。
当社ではお客様の状況やお考えに応じて、最適な資産運用設計をご提案させて頂きます。

プライベートバンカーの育成

日本には本当にお客様を導けるプライベートバンカーがまだ少ないと思います。
プライベートバンカーの仕事はお客様の資産保全・管理だけではなく、次世代への資産承継、事業会社のM&Aや資本政策・ファイナンス、世界経済・マーケットの研究、全世界の金融商品・実物商品の研究、資産管理会社の設立と運営、社会貢献活動やご子弟教育のサポート、ライフスタイルの追求(絵画、ワイン、旅行など)の追求など非常に多岐に渡ります。
当社の使命はお客様を正しく導けるリーダーシップと、深い知識を持ったプライベートバンカーを育てることだと考えております。
お客様の次世代であるお子様、お孫様の幸せまで考えてアドバイスができる本当のプライベートバンカーが当社には在籍しております。


PAGETOP
Copyright © Wealth Partner Co,. Ltd. All Rights Reserved.